2014年11月03日

【東京】マンホールのふた40枚吹き飛ぶ 側溝に流れたガソリンに引火か 品川区



1:2014/11/02(日) 19:00:27.32 ID:


 東京・品川区でマンホールのふた約40枚が突然、
次々と吹き飛びました。修理中のオートバイのガソリンが地下に流れ、引火したとみられています。

 目撃者:「信号の先の方からセブン−イレブンあたりまでのマンホールが
全部吹っ飛んでました」「地面から炎がボーっと3階のベランダよりちょっと低いくらいまで、
2つくらい(マンホールが)飛び上がって」
 品川区豊町で2日午後3時半ごろ、マンホールが吹き飛んだなどと通報が相次ぎました。
警視庁によりますと、周辺でマンホールのふた約40枚が吹き飛びました。
近くでオートバイの修理をしていた男性が「誤ってガソリンが側溝に流れた」と話していて、
警視庁は、地下でガソリンが引火したとみて調べています。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000037998.html

 


9:2014/11/02(日) 19:02:16.55 ID:
>>1
絶対腐ったガソリン捨てたろ・・

 


675:2014/11/02(日) 22:33:06.47 ID:
>>9
アホかお前、ガソリンがどうやってくさるんだよw

 


690:2014/11/02(日) 22:41:20.20 ID:
>>675
ガソリンも腐るけど?
腐ると言うより劣化か?とにかく半年も経てば本来の性能は発揮しなくなる

 


82:2014/11/02(日) 19:11:57.95 ID:
>>1
「誤って」じゃなくて「わざと」側溝に流したんだろ
側溝に流れたというのが都合良すぎる

 


89:2014/11/02(日) 19:12:40.84 ID:
>>82
修理でガソリンが流れるシチュなんて大破くらいしかないよな

 


469:2014/11/02(日) 20:33:30.62 ID:
>>113
「何かもう、爆発」の婆さん岡本太郎みたいだ

 


161:2014/11/02(日) 19:23:59.44 ID:
>>1修理をしていた男性が「誤ってガソリンが側溝に流れた」と話していて

いいかみんな
石油は液体が燃えるのではなく、発生する蒸気が燃えているわけだが
この蒸気はどんな状態でも燃えると言うものではない。

石油には燃焼範囲というものがあり
濃度が一定の範囲にないと火がつかないんだ。

例えばガソリンの場合、燃焼範囲は1.4〜7.6vol%。
単純計算すると、100リットルの混合気のうち
蒸気の濃度が7.6%よりも濃くなってしまうと、火がつかないことになる。

今回爆発が起こったと言う事は、側溝に流れたガソリンの蒸気が
たまたま燃焼範囲に入ってしまった、ということ。

だから、爆発を防ぐには、蒸気の濃度を思い切り濃くすれば爆発は防げた。

いいか
こう言う場合、水を流して薄くしては危ないんだぞ?
もっと大量にガソリンを流して蒸気を濃くするんだ。

これ、まめな。

 


527:2014/11/02(日) 21:02:45.56 ID:


624:2014/11/02(日) 21:58:46.51 ID:
>>1
西部警察のロケかよw


727:2014/11/02(日) 23:08:12.97 ID:
>>1
つか、東京のマンホール蓋には蝶番と鍵付いてないのかよ
どうりで、ルパン三世やマジック快斗が商売しやすいわけだw

 
続きを読む


ラベル:国内ニュース
posted by ミルクちゃん at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。